お知らせ

水力発電機の製造にネスク会員が取り組むことになりました

 

独立行政法人 科学技術振興機構(略称JST)の堀尾教授から、飯田市を経由して、小水力発電機「すいじん」の後継機について当センターに製造依頼がありました。

このたび仕様がまとまり「すいじん3号」として製作を行うことになりましたのでお知らせします。(仕様等は添付のカタログデータをご参照ください。)

第1期の納品は7月末の予定で、次回は1.5月後になります。

販売その他の態様が整うまでの間、製品についてのお問合せはこのサイトのお問合せフォームにて受付させていただきます。(平成2410月までの予定。正規の窓口が決まりましたらこのサイトでもお知らせします。)

【続報】機械要素技術展への出展について

 NESUC-IIDA会員企業14社ほかと共同で出展いたします。「機械材料・加工技術」フェアの小間番号「45−22」になります。
多くの皆様のご来場を出展社一同お待ちしております。

2012年度版ガイドブックへ広告を掲載しませんか

 【2011年度版ガイドブックより】
毎年、機械要素技術展に間に合うよう作成しているガイドブックの編集作業を現在行っています。
完成後には、PDFに変換し、当ウェブの会員情報サイトでダウンロードできるようになります。
なお、ガイドブックの終盤には広告スペースを設けてあります。2,000部作成し、会員各社及び展示会会場や、商談会でのお客様、行政関係、学校関係、その他へ配布されます。(利用期間は2013年版の完成前までとなります。)
会の趣旨から、お断りさせていただく可能性もありますが、希望される方がありましたら、事務局までお知らせください。

桜 夜桜 満開 ライトアップ

 

第16回機械要素技術展へ出展いたします

 2012年6月20日(水)〜22日(金) に東京ビッグサイトで開催される「第16回機械要素技術展」に引き続き出展いたします。
 詳細につきましては、順次決まったところでお知らせいたします。  

代表幹事就任のご挨拶

 3月28日に開催された年度末総会において、平成2425年度の新役員体制が承認され、新しく代表幹事を仰せつかりましたクロダ精機蠅了核椶反修靴泙后若さというエネルギーやバイタリティへの期待を込めて渡されたバトンです。微力ではありますが、精一杯努めてまいりたいと思いますので、役員および会員の皆様にはご協力をお願いします。

 また、お客様各位におかれましても、引き続きご愛顧いただきますようお願いいたします。

 当会の活動も15年を数え、会員個々の能力の強化だけでなく、数においても70社と増えたことで、お客様からいただくご要望にもより対応しうる体制が強化されています。製品開発など、会員が共同して取り組む事例が増えたことも、一社単独ではお応えできなかったかもしれないご要望に複数の会員企業で協力して対応させていただくスタイルの確立につながっています。

 専任のオーガナイザーをおき、お客様からのご用命に応える体制を採っているのが当会の変わらぬ特徴の一つですので、是非、お気軽にお問い合わせください。

 

 

      ネスク・イイダ 代表幹事 山本 学

 

ネスク・イイダ会員グループの活動が地元紙で紹介されました


「飯田エコバイク研究会」が、浜松市にある「株式会社
池戸溶接製作所」に協力して製作に関わった試作車が完成し、地場産業振興センターの展示室の一角で現在展示中です。

 これとは別途、研究会単独で製作を進めているバイクの試作もなり、今後の改良について検討中です。

 記事中の会員の後方に写っているのが「エコハウス」として、太陽光発電でモバイルその他に給電する設備を備えた試作品で、こちらの製作に飯田工業高校の生徒とのコラボをしました。

 工業高校生とのコラボについては、今後も拡げて続けていきたい意向です。

 記事中、3つの取り組みが混同されているところがあるようでしたので、補足して紹介させていただきます。

 

地場産業振興センターから産業センターへ

 この度、(財)飯伊地域地場産業振興センターは、(公財)南信州・飯田産業センターへと移行・改称いたしました。
 また、ネスク・イイダの平成23年度末総会において新役員の承認がされ、新たに取り組みを開始しました。
(これにより、このサイトもそれに合わせて変更を加えましたが、表示が変わらない、まだ「地場産」のままという方がありましたら、PC内に保存されているデータの再書き込み作業をしてください。
「CTRL+F5」の同時押しで出来ます。)

会員紹介記事が地元紙に掲載されました

 

会員数が71社に増えました

 新年度に向けて新規加入が続いています。(会員企業一覧をご参照ください。)会の対応力が会員個々のパワーアップだけでなく、数によっても増していく!基本的に、会の主旨に賛同する飯田・下伊那郡内に事業所のある企業であればウェルカムなので、入会条件等についてのお問い合わせもどうぞ。この地域に存しない技術分野を埋め合わせてくれるような企業の進出&入会も待ってます。(会員の中には旧工場を賃貸物件として提供するところもあります。)

新着情報

カテゴリ

月別アーカイブ

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

リンク

RSS

携帯アクセス

qrcode