お知らせ

【続報】「すいじん3号」使用実験をデモ公開しました

 

すいじん3号を使用した実験の公開デモを行いました。


 11
7日(水)に飯田市内の松川において、すいじん3号を使用した実験を行い、問い合わせいただいていた方々や行政関係者と、報道関係者に公開しました。

前日の雨や準備中の小雨で不安も感じましたが、公開に合わせるように天候は持ち直し、また、水量が少ないと心配していた点も下見時並みに回復、県外からの来飯者も含め総勢約60名の方々に見学していただくことができました。

場所は、何より必要な水量(300ℓ/s)が確保できるところで、比較的道から入りやすく、魚道を含む構造物が機材の仮設に便が良いことから選びました。


 実験は塩ビ管(VP300φ)を中心に、ステンレス管(発電機固定部)とアクリル管(プロペラ視認用)で、全長20m超の導水管を仮設し行いました。(写真参照)

 吸水部と吐水部の高低差は3.2mですが、管長が長大になったことから損失落差も大きくならざるを得ず、発電量は「1.0kW1.7kW」の想定にとどまりました。
 幾通りか試した中で、結果は「
1.3kW」が最高でした。

大がかりなセットの割に一見寂しい数字と思われるかもしれませんが、これは仮に、管長が約10mであれば、「2.3kW」は発電した計算になり、高低差で+70僉△△襪い録綣屬慮率が5割に上げられれば「3kW」という目標はクリアできることを意味しますので、むしろ輪郭が見えたという印象です。

今後、JSTサイドで行われるであろう本格的な実証試験に結論を委ねたいと考えています。 

諏訪圏工業メッセ2012開幕

 11月15日(木)〜17日(土)にかけて、諏訪圏工業メッセ2012が開催中です。会としての出展のほか、当会会員も、クロダ精機、シナノ精密、ツバサ、マルヒ各社が出展中です。(共同出展・本社等の出展、企業名紹介といった形での参加事例を含まず。)
「すいじん3号」(ただし、本体はステンレスではなく、アルミ製。社内実験及び展示用に製作)も展示中です。
さっそく「こんな水車(プロペラ)じゃだめだ」とか、既報のとおりJSTグループの着眼・コンセプトの根幹でもありますが、否定する強者(?)も現れ、担当者も対応に苦慮していたとか、いないとか。
わかっているのは水車としての効率はせいぜい3割ほどと高くないことと、どれほど費用をかけてもこれを3倍にすることはまず出来ない事。その上で、いかに費用は抑えて、効率を上げていくのか、そこを実験をしながら研究されようという時に、成果を期待するという以外の立場ではモノが言えませんから。
「管径が太すぎてダメだ、こんなに水があるところはない」という声も。しかし、管径を半分にすれば有効落差は4倍以上必要になり、今度は「そんなに落差があるところはどこにある?」という話に変わるか、発電量が1/4以下(数百w)になって経費の回収ができるのかという問題にもなるので、製作を依頼された立場では「そういう条件を満たす地点がどれだけあるのだろう?」という心配は(どんな条件を前提にしてもついて離れない問題ではあるけれど)しつつも、言われるような結論には直結しえないので、話が合わせにくいです。
あくまで例えですが、世界中探しても100カ所しかない、そのうち20カ所しか導入されなかったとしても、20基の製作で赤字にならないようなら、ダメではないですから。
いずれにせよ、そちらの話はお手柔らかに、共同受注グループ「NESUC-IIDA」と会員社の出展小間まで足をお運びください。

第15回関西機械要素技術展開幕


 本日(10月3日(水))、インテック大阪において、関西機械要素技術展が開幕しました。
会場案内図(
http://www.mtech-kansai.jp/ja/To-Visit/Floor-Plan/)を参照ください。
会場全体図の右端下(飯田下伊那/阿智精機・タカモリ・シナノ精密〜C7-41、C7-43の2小間)及び同中央左下(コシブ精密〜C3-46)になります。
期間中は木下オーガナイザーが常駐します。
一同、多くの皆様のご来場をお待ちします。

第15回関西機械要素技術展に出展します

 10月3日(水)〜5日(金)に開催される関西機械要素技術展に、会員企業3社とともに出展いたします。
 http://www.mtech-kansai.jp/

 出展社名一覧には、「飯田・下伊那」と表示されていますが、これが「飯田ビジネスネットワーク支援センター」共同出展小間となります。単独で小間出展をされるシナノ精密様と合わせた2小間がネスク・イイダ関連小間となります。
 なお、当飯田・下伊那地域からは別に出展されている企業様もありますので、誤解のないように申し添えます。

 会員数も79社(平成24年9月1日現在)まで増え、より対応力が増したネスク・イイダにご注目ください。

「リニア中央新幹線を見据えた地域づくり講演会」にて事例発表を行います

 リニア中央新幹線建設促進飯伊地区期成同盟会と飯田市が主催する標記講演会において、当ネスク・イイダにおける取り組みを山本代表幹事が発表します。
 日時は、平成24年9月1日(土) 午前10時〜です。
 その他の詳細→http://info.iida-linear.com/?eid=16 参照

 産業界における共同による成果事例から、多くの課題を踏まえながらも、リニア時代に向けて様々な可能性を展望する一助となればと思います。

【続報】「すいじん3号」初号機が完成しました

 

 本体はステンレスで製作したため、塗装を施してはありません。印象は既報のリーフレットのそれとは随分異なる重厚なものとなりました。

 本体重量は約35圈文把蠅里燭瓩隆鏘駑爐魎泙泙此砲箸靴辰りした作りです。

 出力試験の結果をまとめた資料とともに、九州大学と群馬大学へ向け出荷されました。

 また、飯田市への納品も続けて行われました。こちらはプロペラではなく水車を別途製作し使用する計画です。

 今後は各実施機関の監修の下、実証試験が行われることになります。公開された情報があればお知らせさせていただきます。

【続報】諏訪圏工業メッセ2012出展情報

 当日の小間番号が決まりましたのでお知らせします。「A-13」になります。
http://www.suwamesse.jp/docs/kaijyo-layout0810-3.pdf
会場配置図の水色で塗られたゾーンの上、中央に縦に抜ける通路が突き当たるところになります。
当日は、入場し、インフォメーションを左手に直進し、右の壁に面した小間郡を中ほどよりやや奥へ進んでいただいた辺りでお待ちすることになります。正面が通路に開いているため、他からも見通しが良くわかりやすい小間位置になりましたので、是非ご来場の際はお寄りください。
出展内容はまだ決めてありませんが、共同受注に始まった当センターの活動も「協同開発・製作」という事例が増えるにつれ、どんな展示物でも表しようがなくなってきました。「打てば響く」の如く、関心をお持ちのお客様にはまずは打ってもらうしかありません。
LED防犯灯に限らず、インドアプレーン・キット、衝撃式美顔器、小水力発電機、等々、何れもそうした与えられたお題に応えて製作したものになります。
眺めていただいても真価は見えませんので、是非、この機会に直接お問い合わせください。

諏訪圏工業メッセ2012に出展します

 2012年11月15日(木)〜17日(土)に開催される諏訪圏工業メッセ2012に、今年も出展させていただくことになりました。
http://www.suwamesse.jp/info/docs/2012a4.pdf
長野技能五輪の日程と会場が重なったため、今年は例年より1カ月遅れての開催ということで、終了時間が1時間、日没を考慮して早められるといった変更はあるものの、会場は同じ諏訪湖イベントホールであり、今回の出展社数は過去最多とのこと。
小間割等もまだ決まっておりませんので詳細はお伝えできませんが、内容が詰まってまいりましたら、こちらのコーナーで随時紹介させていただきます。

ながのモノづくり技術展2012 in なごや

 平成24年7月4日(水)〜6日(金)にポートメッセなごやで開催される「ながのモノづくり技術展2012 in なごや」に当ネスク会員から9社が出展します。
http://www.icon-nagano.or.jp/event/tec_messe/nagoya2407/index.html
併催 難加工技術展2012 ほか http://nikkan-event.jp/ds/

今回、ネスク・イイダとしての展示スペースは設けませんでしたが、オーガナイザーは同行する予定で、会員展示ブースにて対応させていただきます。

【続報】小水力発電機「すいじん3号」情報

 

(独)科学技術振興機構(JST) 社会技術研究開発センター主催のシンポジウム「自然エネルギーは地域のもの」(http://www.hakushu-arts.co.jp/sympo2012/menu03.html)でパネリストを牧野光朗飯田市長(南信州・飯田産業センター理事長)が務められ、発表中で既報「すいじん3号(小水力発電機)」についても紹介いただきましたので、その様子を配信されているサイトを案内させていただきます。

 

http://www.ustream.tv/recorded/23117009

 

シンポジウムの後半分です。

(発表途中、湖南市長と誤ったフリップが入ることが惜しまれます。)

 

NESUC-IIDAにおけるLED防犯灯の開発・製造の取り組みにも触れ、今回の小水力発電機の製作について発表いただきました。

堀尾教授からも製作依頼の経緯について触れていただいております。
研究チームが掲げる課題についてご理解いただくと、今回の仕様等の決まり方(技術的なベストを追及するのではなく、「足りる」を最小限のコストで実現しようとした結果。)についても得心いただけるものと思います。
是非、そちらの講演も合わせてご参照ください。

http://www.ustream.tv/recorded/23115202

新着情報

カテゴリ

月別アーカイブ

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

リンク

RSS

携帯アクセス

qrcode