お知らせ

諏訪圏工業メッセ2012開幕

 11月15日(木)〜17日(土)にかけて、諏訪圏工業メッセ2012が開催中です。会としての出展のほか、当会会員も、クロダ精機、シナノ精密、ツバサ、マルヒ各社が出展中です。(共同出展・本社等の出展、企業名紹介といった形での参加事例を含まず。)
「すいじん3号」(ただし、本体はステンレスではなく、アルミ製。社内実験及び展示用に製作)も展示中です。
さっそく「こんな水車(プロペラ)じゃだめだ」とか、既報のとおりJSTグループの着眼・コンセプトの根幹でもありますが、否定する強者(?)も現れ、担当者も対応に苦慮していたとか、いないとか。
わかっているのは水車としての効率はせいぜい3割ほどと高くないことと、どれほど費用をかけてもこれを3倍にすることはまず出来ない事。その上で、いかに費用は抑えて、効率を上げていくのか、そこを実験をしながら研究されようという時に、成果を期待するという以外の立場ではモノが言えませんから。
「管径が太すぎてダメだ、こんなに水があるところはない」という声も。しかし、管径を半分にすれば有効落差は4倍以上必要になり、今度は「そんなに落差があるところはどこにある?」という話に変わるか、発電量が1/4以下(数百w)になって経費の回収ができるのかという問題にもなるので、製作を依頼された立場では「そういう条件を満たす地点がどれだけあるのだろう?」という心配は(どんな条件を前提にしてもついて離れない問題ではあるけれど)しつつも、言われるような結論には直結しえないので、話が合わせにくいです。
あくまで例えですが、世界中探しても100カ所しかない、そのうち20カ所しか導入されなかったとしても、20基の製作で赤字にならないようなら、ダメではないですから。
いずれにせよ、そちらの話はお手柔らかに、共同受注グループ「NESUC-IIDA」と会員社の出展小間まで足をお運びください。
この記事のトラックバックURL
トラックバック

新着情報

カテゴリ

月別アーカイブ

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

リンク

RSS

携帯アクセス

qrcode